有料老人ホームの契約方法

by author



有料老人ホームは、住宅やマンションを購入する場合と同様に契約方式にも種類があります。有料老人ホームでは「利用権方式」と呼ばれる契約方式を採用しているところが大半となります。
利用権方式とは、入居一時金として入居時にある程度まとまったお金を払うことで、専用居室や共有スペースを終身にて利用出来ることが特徴です。


居住部分と介護や生活支援等のサービスが一体となっている契約方式のことを指します。

支払う入居一時金は各有料老人ホームにおいて定まられている償却率によって償却されます。

しかし、あくまで利用権であり、所有権ではないので相続の対象となる資産にはならないというところが注意すべき点となります。


ほかにも建物賃貸借方式という契約方法もあります。

建物賃貸借方式は、居住部分と介護等のサービスが別個のものになっている契約方式のことを指します。



簡単に説明すると一般の賃貸住宅のように毎月家賃や管理費を支払う方式です。

最後に、終身建物賃貸借方式というものがあります。



この方式は、死亡をもって契約を終了するもので、都道府県知事から「高齢者の住居の安定確保に関する法律」に基づいて「終身建物賃貸借業」の認可を受けた施設がとることができます。

また!利用者が生存している限り住み続けることが可能となります。夫婦の場合は、契約者が死亡した場合でもその配偶者が生存している場合は、引き続き居住する権利がみとめられている少し変わった契約方法です。